2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.06.07 (Fri)

雑誌『週刊金曜日』6月7日 946号

雑誌『週刊金曜日』6月7日 946号に、
日弁連主催で行われた水俣病についてのシンポの記事を書かせていただきました。
写真なし記事ですので、ブログに写真をアップさせていただきます。

日弁連シンポ
スポンサーサイト
17:27  |  実績  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.05 (Sun)

『魂うつれ』53号 杉本栄子さんをしのんで

魂うつれ2
『魂うつれ』53号に、
快栄忌 杉本栄子さんをしのんで
を書かせていただきました。

目次には、私の名前がないのですが、
"快栄忌" 杉本栄子さんをしのんで  …24
というのが、私が書いたものです。
24ページから27ページまでです。

魂うつれ



15:08  |  実績  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.05 (Sun)

雑誌『週刊金曜日』941号

週刊金曜日941号

最高裁が初認定 感覚障害だけでも水俣病
という記事を書きました。

4月16日の二件の水俣病裁判・最高裁判決についてのリポートです。
14:47  |  実績  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.31 (Mon)

書籍『企業と震災』

私が書いた記事も掲載されています。

11:32  |  実績  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.10.15 (Mon)

雑誌『オルタナ』30号

オルタナ30号特集は「環境教育がビジネスを動かす」。
環境教育とビジネスの関係について私は書いていませんが、水俣病について次世代に伝えていく活動を行っている「ほっとはうす」という団体の取り組みについて書かせていただきました。


オルタナ
記事で紹介させていただいた金子雄二さんに、オルタナをお送りしたところ、「嬉しかった」というお礼のお電話をいただき、そのとても心のこもったお言葉に、とても感激してしまいました。


以下の本は私の実績ではありませんが、環境教育について書かれたお勧めの本です。


この本の著者が、社会構造に批判の目を――環境教育をラディカルに問い直す
というシンポジウムに登壇され、取材してきました。(リンク先はシンポの記事です)

「日本のC02排出量の半分は、約150の事業所が排出している。節電やレジ袋の削減など、いわゆる家庭の心がけだけで問題が解決する話ではない。社会構造にも目を向けることに環境問題のラディカルさがある」(京都精華大学教授・井上有一氏)

の発言にあるように、問題の本質に挑み、責任から逃れない環境教育が求められていると思います。
15:25  |  実績  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。