2008年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2008.03.18 (Tue)

「ソケリッサ!!」 ソケる(前に出る)ホームレス生活の6人

先週末、コンテンポラリーダンス作品「ソケリッサ」を観てきました。
r0011434.jpg

朝日新聞などで紹介されたので、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、このダンス公演、雑誌『ビッグイシュー』の販売員であるホームレス6人が、プロダンサーのアオキ裕キさんと共演しています。

感動冷め止まぬうちに、思ったことを書いてみました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ホームレス」である彼らがステージに立つから、「ソケリッサ」を観るのか。
とりわけダンスが好きでもない私にとって、確かに、動機がそこにあったことは否めない。

ステージで踊る一人一人の顔を見ながら、プロのアオキ裕キさんの踊りと比べてしまった。プロと比べて、あきらかに違う彼らの踊りに、ついつい目がいってしまうのは、自然の成り行き。ぎこちない踊り。上がらない脚。固い身体・・・。だからこそ、ステージに立つ彼らを「ダンサー」として見ることは難しかったのだが、今振り返ると、プロのダンサーと共にステージに立つことで、彼らの“非プロ”な部分が浮き彫りになったことは、とても重要だった気がしている。

 「ダンサー」というプロフェッショナル性が弱い分、彼らが日常、路上で『ビッグイシュー』を販売している姿を重ねながら見てしまうのだ。

 段ボールハウスや、(梱包に使う)「プチプチ」の寝袋などを使った演出。ステージに立つ彼らは、ホームレスがするように、観客の前で、段ボールハウスに寝たり、プチプチを寝袋のようにしてみせた。
そう“演じる”彼らが、一歩ステージを降りれば、先ほどまで小道具だった段ボールやプチプチは、生活必需品になるのだろうか。と考えてしまった。

 プチプチの寝袋にくるまった一人は「あったかいな~」と言った。彼のその“セリフ”は、その時点では「セリフ」だけれど、寒い冬の夜に、プチプチにくるまった経験が本当にあるのかもしれない、という重み。

 彼らが「ホームレス」であるということを、観客は、押し殺す必要はない。と私は思う。「ホームレスである『彼らが』、目の前のステージで踊っている」という認識があるからこそ、踊りが踊り以上に深みを帯びてくるのだから。

 「ソケリッサ」は、「ソケる」という造語に起因する。「ソケる」は「前に出る」という意味だという。
 既存の言葉に自らを合わせる・・・のではなく、自らの言葉に意味を持たせて生まれた言葉が「ソケる」…
 同じように、これまでに類を見ない「ダンス」に、ホームレスという現状に生きる彼らが挑む。

 演じる者の背景をステージに持ち込み、私たち観客は、彼らの苦しみや孤独、哀愁を好き勝手に想像し、彼らに重ねる。だからこそ、ダンスから受け取るメッセージはさまざまだ。なぜなら、私たちが、ホームレスに対して持っているイメージは、人それぞれだから。
 
 私がソケリッサを観て、思い出したのは、次のような言葉だった。

Dance like no one's watching,
Sing as if no one listens,
Live like you'll die tomorrow


日本語にすると、

誰も見ていないかのように 踊れ
誰も聞いていないかのように 歌え
今日が最期の日であるかのように 生きろ


だろうか。

 踊りが上手いとか下手だとかは関係ない。身体から湧き上がる思いを、「踊り」で表現するということ。それは自己解放と言っていいのだろうか。
 自己を解放する欲求を、表現したいという思いを、ステージにぶつけた彼ら。そして、同じ思いを「私」も持っている、という共通点。

ある人は、人前で踊ることを恥ずかしいと思うかもしれない。踊りに自信がなければ、なおさらのこと。だとすれば、彼らは私たちに、プライベートな、本来、人には見せることのない一面を見せてくれたのではないか。
ソケリッサが私に与えてくれたのは、以前より少し縮まった、彼らとの「距離感」…
私とホームレスの関係が、「ソケた」(注)のだった。

注:「ソケる」を活用させて、過去形にしてみました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

kayamarika.jpg



ソケリッサ メディア掲載
朝日新聞
東京新聞
オーマイニュース

ソケリッサ公式ページ

ビッグイシュー
ホームレスが売る雑誌「ビッグイシュー日本版」1冊300円で販売。160円が販売者の収入になります。

ビッグイシュー基金
“敗者復活”しやすい社会の形成にチャレンジし、ホームレスの人たちが再び社会に復帰できるように、多面的なサポート事業を行います。「ソケリッサ」は、文化スポーツ活動応援事業の一環です。2008年11月にオーストラリアで行われる、ホームレスのワールドカップに出場するために準備中だそうです。
02:54  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.14 (Fri)

毎月14日はTOHOシネマズで環境ショートムービーを(1000円也)

本日3月14日(金)は、 「ホワイトデー」。
私にとっては、「シゴトデー」ですが(苦笑)、毎月14日は、TOHOシネマの映画が1000円で鑑賞できるって、ご存じでしたか?

TOHOシネマでは、毎月14日を「TOHOシネマズデイ!」と設定。(14日=<10(トウ) 4(フォー)>で、TOHOだそうです)
この日は、好きな作品(プレミア上映以外)がどれでも1,000円で鑑賞できるとのこと。

ちなみに、今日はホワイトデーですし、先月の14日はバレンタインデー。1月14日は成人の日でした!


「ぜひ大切な人とご一緒にご来場ください。
月に一度のこの機会をどうぞお見逃しなく!」 とのことです。(TOHIシネマズホームページより)

詳しくは こちらを確認してくださいね。
TOHOシネマデイ


なぜ、TOHOシネマデイを環境をテーマにした、このブログで紹介したのかというと、毎月14日の映画上映前には、環境をテーマしたショートムービーを観ることができるからです!

green.tv japan」という、環境専門ブロードバンドメディアとのコラボレーションで実現したこの企画。第6回目となる3月14日に上映されるのは、「20年後(In 20 years)」という作品です。

「20年後(In 20 years)」
地球温暖化によって、これから20年後に世界各地の気温がどれほど劇的に変わるかを、国立環境研究所の「地球シュミレーター」による予測に基づいて、映像でご覧いただけます。子供たちの世代に、これだけの危機が迫っていることを実感してください。(TOHOシネマECOプログラム ホームページより



これまでには、こんな作品が上映されてきました。

『自然界の躍動』 
動植物の貴重な映像をクリップした作品。

『まずはできることから~地球温暖化ストップ』
身近な家電製品の使い方見直し、地球温暖化防止の方法を紹介。

『アース』http://earth.gyao.jp/ ←音がでます
 主演、地球 46億歳―。
 キャスト アフリカ像、ホッキョクグマ、ザトウクジラ、
 自然が主役です。

『Meatrix~考えよう!食の安全と環境』
キアヌ・リーブスでお馴染みの映画『MATRIX』をモチーフに、食の安全と環境との関係を描いたアニメーション。

『北極から南極へ』 
北極から南極への道程での、自然環境の現状を追跡。

『愛する故郷、愛する星』
自然エネルギーが普及し、地球がよみがえったら・・・というアニメーション。


green tvのサイトでは、これらのショートムービーが鑑賞できます。
(『自然界の躍動』だけ見つかりませんでした)

以下にリンクしておきますので、私と同じように「シゴトデー」で、ホワイトデーどころじゃない方は、これで気分転換してみては。(笑)
仕事どころか、大自然のなかに今すぐ旅立ちたい~!という気分になってしまうリスクがありますが。(苦笑)

Meatrix~考えよう!食の安全と環境 

『愛する故郷、愛する星』

北極から南極へ

まずはできることから!~地球温暖化ストップ


番外編:私が好きなビデオクリップです。(もちろんgrreen.tvから)
「ストップ温暖化」僕たちの行動
  ↑
「Another Brick in the Wall」がストップ温暖化ソングに!?
ピンク・フロイドが他のアーティストにリミックスを許可し完成したミュージッククリップです。
音楽も映像もカッコイイ!

地球温暖化を止めよう~Live!
 ↑
レディオ・ヘッドのトム・ヨーク氏が登場!
地球温暖化防止を訴えるキャンペーンを応援しています。


また、映像のオリジナルが英語なので、日本語の字幕を見ながら、環境問題についてだけでなく、英語のヒヤリング力アップにも役立つと思います!
02:47  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.11 (Tue)

映画『おいしいコーヒーの真実』

『おいしいコーヒーの真実』は、タイトルの通り、私たちの暮らしに身近な「コーヒー」の、知られざる「真実」を描いた映画だ。
blackgold.jpg

一杯のコーヒーから一日を始める私にとって、コーヒーは欠かせない飲み物だし、外出時、ちょっと一休みしたいな~と思ったときに探すのは、カフェであり、こう考えると、コーヒーを飲まない日のほうが少ないとも言える。

映画を見た今、コーヒーを飲むたびに、この映画で描かれていたエチオピアのコーヒー生産者の厳しい生活状況を考えざるを得ない。

コーヒーは年間800億ドル以上の利益をもたらす国際商品である一方で、コーヒー生産者は、食糧危機に見舞われるほどの危機に瀕している。「このパラドックスの顕著な例が、コーヒー原産地のエチオピアだ」(マーク&ニック・フランシス監督)

生産者が食べることも、子どもたちを学校に通わすことも出来なくなった原因は、2001~02年に起こったコーヒーの国際価格の下落だ。ここ30年のうち、最安値をまで落ち込み、「世界の2,500万人のコーヒー生産者が貧困にあえぐコーヒー危機」(京都大学大学院農学研究科・准教授・辻村英之氏)とまで言われた。
blackgold2.jpg

1989年までは、生産者に支払われる価格を支える仕組みとして、「国際コーヒー協定の輸出割当制度」があった。これは、「価格安定帯を設定し、国際価格がそれを下回らないように、生産国に対して輸出量の制限を課制す制度」(辻村氏)だった。
ところが、世界貿易機構(WTO)は同制度を受け入れず、ニューヨーク商品取引所が決定するコーヒーの先物相場によって、コーヒーの価格は決定されている。投機家は、この価格を基準に、「これだけの利益を得るためには、原料(コーヒー豆)は、この価格以下に抑えるべき」と利益をはじき出し、非常に少ない金額が、生産者の取り分となる。


映画のワンシーンである、バリスタのコンテスト会場には、誰一人として、コーヒー生産者の苦悩を指摘する者はいない。スターバックスの第一号店(米国シアトル)では、店長が誇らしげに「カフェは人と人が出会うコミュニティでもある」と語る。その言葉に嘘はないが、ナイーブすぎるのではないかと思う、と同時に、一般的なコーヒーに対する認識であることも確かだと認めざるを得ない。親睦の場を温めるコーヒーが、奴隷のような賃金しかもらえない搾取の労働に支えられていると知ったら、店員の笑顔に一瞬でも陰りが映るだろうか。そうあってほしい。

監督はインタビューで「綿花や石油、ゴムといった同じように農家が搾取されているものでも、この映画を作ることもできたことを指摘しておくことは重要だ」と言っている。

そして、映画は、2003年にメキシコのカンクンで開催されたWTO会議で、先進国による密室会議に怒りをあわらにした途上国代表者の声を紹介する。マラウイの代表は、「我々は貿易で自立したい」と訴えていた。

国際商取引でアフリカの取り分があと1%増えれば、現在彼らが援助で得ている5倍もの金額が生み出せるという。このような実現可能な解決策を脇目に、先進国や国際機関の代表者らは、一体どんな密談をする必要があるというのか。

映画を見て、いかにコーヒー生産者が搾取されているのかを知ってしまったら、何をすればいいのか。

「コーヒーの愛飲家が企業に倫理的なビジネスの仕方を求め、フェアトレードのキャンペーンをするよう要求することができたら、彼らも変化の手助けをすることができる」(監督)

ここで提案されている「フェアトレード」は、ニューヨーク先物価格が下落しても、生産者に一定の輸出価格を保障するも貿易の方法だ。

私の話になるが、確か2003年頃、スターバックスコーヒーが店内に設置している意見ボックスに、「フェアトレードコーヒーを扱ってほしい」と書いたことがある。当時の日本のスタバには、フェアトレードコーヒーが置いてなかったのである。扱いを開始したら連絡がほしいとの要望には応えてもらえなかったが、その後、スターバックスは、フェアトレードのコーヒー豆を扱い始めた。

きっと、他の客からも同じ要望があったのだろう。要望を伝えたことだけが、スターバックスを動かした理由だとは思わないが、確実に言えることは、誰かが動かなければ、何事も変わらないということ。

日本は、米国、ドイツに次いでコーヒーの輸入が多い。
日本のフェアトレードシェアは、レギュラーコーヒー市場の0.2%。米国では、全コーヒーの約2%がフェアトレードだという。

私たちがすべきことは明確だ。


2008年5月31日(土)より、渋谷アップリンクXにてロードショー!

予告(日本語)


予告(英語)
12:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT