2008年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2008.03.28 (Fri)

『おカネで世界を変える30の方法』 田中優さんに取材

ここ最近読んだ本のなかで、一番のオススメは、『おカネで世界を変える30の方法』(合同出版)著:田中優、A SEED JAPANエコ貯金プロジェクトです!

先日、著者である田中優さんに、オルタナの取材でお会いしました。本には含まれていない著者の主張、読者に知ってほしいことなどをお聞きしてきたのですが、このときの話は、3月下旬に発行のオルタナ7号の、「後書きの余韻」というコーナーに掲載されますので、ぜひ読んでくださいね。



『おカネで世界を変える30の方法』は、私たち個人のお金が、戦争や貧困に、どのように影響しているのか、教えてくれる貴重な本です。

自分が金融機関に預けたお金が、戦争やダム建設など、自分の思いに反する事業に使われている… という事実に驚く人もいるでしょう。

本書にも書かれていることの一つに、日本の3大メガバンクが、無差別殺傷兵器として悪名高い「クラスター爆弾」の製造関連企業に融資していることがあります。こうした事実は、銀行が発行しているディスクロージャー誌には載っていないので、ほとんどの人は知る機会がありませんが、ベルギーのNGO「ネットワーク・フランデレン」(Network Vlaanderen)からの調査提供で明らかになったそうです。

クラスター爆弾の被害者の多くは民間人です。
自分の預けたお金が、銀行の運用によって、人を殺す兵器産業に融資されている…としたら、その一方で、平和を願い、「戦争反対」と地道な活動を続けることは、なんだか矛盾していますよね。 

田中さんは、こうした状態を「モグラたたきゲーム」だと言います。

表にでてきた問題(もぐら)を叩くけれど、
コインをもぐらたたきゲーム機に投入すれば(私たちがおカネを預ければ)
再び次の問題(もぐら)が出てくる…


つまり、いくら懸命に表面の問題に対処しても、投入先を見極めずに、私たちがお金を投入し続ける限り、問題はなくならないということなのです。

自然を守りたい。きれいな空気を吸いたいと、ダムや高速道路の建設に反対しても、金融機関に預けたおカネが、ダム工事の費用の一部に使われていたり、環境に悪影響を与える事業に融資されている…

だとしたら、こうした事業に融資しない金融機関をメインバンクにすることは、モグラたたきゲームの負のスパイラルから脱出する一つの方法です。

そんな誰も教えてくれなかった、おカネの使われ方・使い方が、やさしい言葉で書かれています。

本書では、30の問題点を指摘しつつ、解決方法を提示しています。
できることを一つでも始めれば、将来の世界は、私たちの望むものに、近づきます。それだけ、今の世の中は、お金の影響を受けているのです。ですから、本のタイトルは、『おカネで世界を変える30の方法』なのです。

そもそも田中さんがお金について調べるようになったきっかけは、「郵便貯金が原発に使われている」という友人の一言だったそうです。気になって調べてみると、田中さんが関心を寄せる社会問題の根源の多くが郵貯にあったというのです。93年に出版された『どうして郵貯がいけないの』は、その時の発見がまとめられています。



『おカネで世界を変える30の方法』は、読者が行動するための本であって、教養のために書いたのではないとも言われていました。
田中さんは、教養としてインプットしたことを、社会にアウトプットしなければ意味がないと考え、自分のなかに教養を貯めこんでいるのは「便秘」状態だと言われていました。(笑)

職業柄、いろいろな方からお話を伺う機会が私にはありますが、私は十分にアウトプットしているのかと、物書きとして、自分があるべき姿を考えてしまいました。

田中さんとの取材は、取材だけに収まらない、人生観というか、私自身の社会的責任とでもいうのでしょうか?そんなことを考えさせていただくきっかけになったのでした。
04:22  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.25 (Tue)

電気の契約アンペアを最小値に~アンペアダウン~

少しずつ、暖房をつけなくても過ごせるような日も増えてきましたね。
ところで皆さん、冬の電気代の高さに驚きませんでしたか?
さすがに12月の電気代は、前月に比べて倍以上に高かったので驚きました。
今回は、私が実践している電気代を安くする方法について書いてみます。


:::電気の契約アンペアを最小値にする:::

今住んでいる所に引っ越したとき、電気のデフォルト契約は、毎月の基本料金が1365円の「50アンペア」でした。これを、私は30アンペアに変更したので、基本料金が819円になり、月々の支払いを546円節約することができました!
(詳しくはコチラで。ご契約アンペアの変更について

ただし、この時点で、実際に使う電力が、30アンペアで足りるのかどうか分かりませんでしたので、東電の方に家に来ていただき、使っている電化製品に必要な電力を計算してもらったのです。

その結果、電子レンジやコンロ、暖房などを同時に使うと、30アンペアを超えてしまいますが、同時に使わなければ、30アンペアでも十分だということが分かりました。

1.jpg
【写真】ブレイカーボックスを開いて、50アンペアから、30アンペアに取替えたところ。


さらに 「ピークアラーム装置」を、1週間無料レンタルしました。(購入の場合は、1万5千円)

2.jpg
この装置を設定すると、使用電力が30アンペアを超えそうになると、音声で、「電気の使いすぎです」と警告してくれるのです。

ピークアラーム装置は、親機と子機からなり、親機をブレイカーの中に設置します。赤枠のなかの白いのが、親機です。(写真参照)子機は、部屋のコンセントに差し込みます。緑・緑・黄・黄・橙・赤の6個のランプが表示されています。(子機の写真は次の次の写真を参照)
3.jpg

私の場合、30アンペアが最高値ですので、電気使用量が20アンペアを超えると、警告メッセージが作動するように、親機のダイヤルを、20アンペアのに設定しました。(写真参照)
4.jpg

電気使用量が20アンペア未満(20アンペアに対して100%未満)の場合、ランプは、その使用量によって、緑色2つ、黄色2つ、橙色が1つ点灯します、警告メッセージはありません。

100%以上110%未満の使用量になると(20~22アンペア)、警告メッセージが180秒流れます。
110%以上120%未満だと、警告メッセージが10秒。120%以上だと、警告メッセージは5秒間流れます。110%以上のときには、すべてのランプ(6つ)が点灯します。

ちなみに、部屋の照明、デスクライト、ノートパソコン、FAXと電話、冷蔵庫がONになっていた時には、一番下の緑のランプが点灯していました。

お湯を沸かしたら、ドライヤーを使ったら、ピークアラーム装置のランプがどう変わるのかな、と、レンタルしている1週間、電気の使い方を気にしながら過ごしました。意外にも、ほとんどの場合、30アンペアで問題なしでした。

1週間後、東電の方が訪問した際、30アンペアのまま変更しないと伝え、ピークアラーム装置を返却しました。

ピークアラーム装置を返却した今も、料理をしているときには、暖房や、デスクライトを切っています。日常的に節電を心がけるモチベーションがアップすること間違いなしです!(じゃないと、ブレイカーが落ちますから)(笑)

ほぼ同じ内容ですが、こちらにも書いています。(こちらのほうが、写真が大きいです)


東電のページより

器具の消費電力はワット数で示されていますが、アンペア数は100ワットで約1アンペアと考えてください。(100ボルトの場合)

わが家のアンペアチェック(皆さんの家庭の状況をチェックできます!)
02:40  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.21 (Fri)

映画『水になった村』

雨が降らないなどの理由でダムの水位が下がり、水底に沈んだ村の一部が、ひょっこり顔を出すことがあるという。さだまさしさんの小説「水底の村」は、主人公が幼馴染と過ごしたダム底に沈んだ村が、何十年かぶりに顔をだす、という話だった。

実際にそんなことがあるのかと思い、群馬県の草木ダムを訪問した際、ガイドを務めてくれた地元の方に聞いてみた。すると、実際にそういうことは、あるという。

そうか。さださんは、小説を書くにあたり、きちんと下調べをしたんだな、などと関心すると同時に、ダムの建設によって、長年生活してきた土地を立ち退かなければならない人がいるということに、心が痛んだ。
mizuninattamura.jpg

先日、映画『水になった村』を、アースビジョン映画祭で観た。

舞台は岐阜県徳山村。50年前に提案されたダム建設のため、住民は1985年に村を離れたが、ダムの完成後に行われる試験湛水(しけんたんすい)(実際に貯水してみる実験)の直前まで、「村で生活をしたいと」と、一度離れた土地に戻ってきた。そんな「ジジババ」の村での生活を映画は追っている。

田畑を耕し、山菜やワサビを採るために山を登る。川に、お手製の籠をしかけて魚を捕る。野菜を塩漬けにした保存食で冬場に備える。薪で火をおこした風呂に入る…「本当に私は幸せだ」と80代のハツヨさんは言う。
そんなジジババの暮らしが淡々と描かれている。

「生きるためには80歳を超えた人もがけを駆け上っていく」(東京新聞2007年10月12日 大西監督インタビュー)という、徳山村のジジババ達。
映画では、片道4時間もかけて、ワサビを取りに行く80代の じょさんが、急な斜面をスイスイと登っていく姿に圧倒される。
「引き抜いたワサビが小さければ、土に戻すんだよ」と大西監督に教えるじょさん。ワサビが採れるこの土地も、数ヶ月後にはダムの水底に沈んでしまうというのに、じょさんは、小さなワサビを土に戻していた。

映画の終盤では、大西監督が、ババ達の移り住んだ新しい住まいを訪問するのだが、そこには、かつて溢れていた笑いも、活力もなくなってしまったババがいた。加齢のせいもあるのだろうが、それだけではないだろう。生気の抜けたババ。食料を得るために野山に入り、田畑を耕していたババは、今や、スーパーで、きれいにパックされた野菜や魚をお金で買っている。徳山村では、あの子はどこどこの娘だとか、息子だとか、家族のような人間関係があったが、立ち退きは住民にとって、こうした人間関係をも、捨てることを意味した。

あんなに生気みなぎるババはいない!と思うほど、イキイキとしていたじょさんから笑顔がなくなったのは何故か?

徳山村が水に沈み、故郷、あるいは住み慣れた生活の場を奪ったからか?

徳山村での生活を維持するには、自然と向き合って生活しなければ餓死してしまう。旬の食材を食べ、食料を求めて山に入る。都会人には面倒な暮らしも、ジジババにとっては、それが「生きる」ということだった。
住み慣れた土地を離れるということは、「生きる」という生業から彼らを引き離すことだった。そうした、「自然との共同体」と、近所の人たちと育んできた親密な関係のすべてを、ジジババは水に沈む村に置き去りするしか選択肢はなかったのである。

大西監督は、映画上映後のトークでこう言った。
「エネルギーを求めてきた我々。一つの村をつぶしてまで必要とするエネルギーとは、一体何だろう。私たちの暮らしと、じょさんの暮らしを比べてみると、私たちの暮らしは一線を越えてしまっていると思う」と。

徳山ダムは当初は発電のために、後に、多目的ダムとして建設が進められた。
ダムの恩恵を受けるのは、そこに住んでいた住民ではない。
エネルギーを必要とする都会人である。
つつましい暮らしをしていたジジババ達から、生気を奪ったのは私たちである。

今後、水に沈む地域が100か所以上あると大西監督は言う。
「ダムは都会から見えない山奥に造られる。見えないところでエネルギーを作っているという意識をもつだけでも随分違う」(同東京新聞)

映画を通じて、そこにある人々の暮らしから、ダムや原発などの開発が、どんな影響をあたえているのか、考えてもらえると嬉しいと語った。

・・・・・
アースビジョン映画祭で、「水になった村」は、最優秀賞を受賞しました!
・・・・・

『水になった村』公式ホームページ
上映情報もこちらのホームページで。
3月23日には京都と長野で、上映会があるようです。






4つの短編小説のうちの一つが「水底の村」です。どの作品も素晴らしいです!
02:10  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT