2008年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.04.29 (Tue)

パタゴニアのフットプリント・クロニクル

 「フットプリント・クロニクル」という言葉を聞いたことがありますか? アウトドア衣料メーカー・パタゴニアの取り組みの一つで、パタゴニアの製品が、原料から製品になるまでの、一着あたりの①移動距離、②エネルギー消費量、③CO2排出量、④廃棄物量の4つの環境課題を追跡したものです。現在、ウェブで情報公開をしています。

 鎌倉のパタゴニア日本本社で行われた“Speaker Series”(スピーカー・シリーズ)で、米国本社の環境担当者の話を聞いてきました。
footprint.jpg
「フットプリント・クロニクル」のウェブサイトでは、世界地図の上を、製品が完成するまでの道のりを示しながら、エネルギー消費量などの情報を知ることができるようになっています。(写真はパタゴニアサイトより引用)

日本語のサイトでは、5製品が紹介されていて、そのうちの主要素材に焦点を絞って追跡しています。





シンチラ・ベストをクリックしてみると、以下の情報が表示されます。

①移動距離
8288キロ。サンフランシスコから東京に移動する距離に相当.

②エネルギー消費量
58メガジュール。18ワットの小型蛍光電球を24時間×37日間、つけっぱなしにして消費されるエネルギー量に相当。

③CO2排出量
13キログラム。シンチラ・ベストの44倍の重さに相当。

④廃棄物量
105グラム。シンチラ・ベストの3分の1以上の重さに相当。

どの数値も、身近なものに置き換えて、「~相当」と説明があるので、実感しやすいですね。これ、とても重要だと思います。



フットプリント・クロニクルは、2007年9月に米国のパタゴニアサイトで発表され、2週間後に、日本のサイトでも発表されました。
米国のサイトには現在、10製品が掲載されています。日本のサイトは今のところ5製品ですが、5月下旬には10製品になるとのことです。(フランス語サイトは5月下旬に公開予定だとか)

こうした情報をショップで見ることができるかお聞きしたところ、現在はウェブ上だけであり、サイトを印刷したポスターを店内に貼ったり、将来的には、パソコンを一台設置することも出来たら、と話されていました。

実際に買い物をする際、製品ができるまでの環境負荷を比較して、“コレ!”と思う一着を選べたら、と思うのですが、今のところ、全てのパタゴニア製品がフットプリント・クロニクルで紹介されているわけではなく、また、他のアウトドア衣料メーカーが同じように情報を開示しているかというと、そうではないので、比較は難しいと。
ただし、情報公開を「している・していない」という視点では、比較することはできると言われていました。

確かにそうですよね。
野菜でも、どこで作られて、どの輸送ルートを回り、売り場にたどり着いたのか情報開示がされているものと、その過程が非開示だったり、一部だけが開示されているものでは、野菜に対する信頼性に差が出てきます。

シンチラベストが完成するまでのサプライチェーンの流れは、世界地図上の矢印の流れで理解できるようになっています。各ポイントをクリックすると、写真が表示されます。
どの製品も、矢印の始点は、原材料の原産地で始まっていて、最終的地点は、米国ネバタ州リノにある、パタゴニア配送センターになっています。

こうした情報開示の目的はなんでしょうか?

環境分析ディレクターのジルさんは、目的は2つあると言います。
一つは、会社の外の人(消費者)に、サプライチェーンについて理解を深めてもらうこと。
実は、パタゴニアは、CSRレポートを作成しようと考え、試作品を作ったことがあるそうです。しかし、出来上がったレポートを見て、しっくりこなかったそうです。どうも、パタゴニアらしくないと。そこで、代わりにウェブを活用して、情報を発信していくことにしたとのことでした。
二つ目の目的は、社内的なもので、社員にも、サプライチェーンについて理解を深めてもらうことだと言われていました。

実際、フットプリント・クロニクルのサイトを見てください。
説明を読んだり聞いたりする以上に、地図と連動したこのとりくみは、見る人に、リアリティをもって、製品のサプライチェーンの流れを教えてくれます。

製品を分析してみると、おもしろいことが分かったと言います。
それは、思ったよりも輸送にかかるエネルギーが少ないということでした。全体のエネルギー消費量の1%未満でしかないそうで、輸送距離の短縮に努力するよりは、製品製造過程での省エネをがんばったほうが、無駄なエネルギーを削減できる、という発見があったそうです。

各製品の分析から分かった、「良い点」「悪い点」「私たちの考え」もウェブサイトに載っています。
良いことばかりでなく、率直に改善すべき点を私たちに語ってくれている姿勢に、「一緒にもっといい方法を考えましょう」呼びかけてられている気がしてきます。
スポンサーサイト
12:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.04.25 (Fri)

足尾へ行きませんか?

私は足尾が好きで、これまでに何回が訪問しているのですが、最初に訪問したときは、山に雪が積もっていたので、「足尾のはげ山」を見ることができませんでした。
ashio1.jpg
はげ山を見ることが出来たのは、暖かい季節に訪問した二度目と三度目でした。見たときの衝撃は強烈でした。
ashio2.jpg
ご存じのとおり、足尾は、精錬所の排出する亜硫酸ガスによる煙害で、山の草木が枯れてしまった過去があります。松木渓谷は「日本のグランドキャニオン」と言われるように、草木がなく、乾いた、黄土色の大地が広がる場所であったのです。

今でも、草木の生えていない表土をむきだしにした山があります。

その一方で、はげ山に緑を回復させるため、政府による植林活動が絶えず行われてきた歴史もあります。
以前ドキュメンタリーで、急な斜面など、人が植林を行えない場所をに植林をするため、ヘリコプターから種をまいている映像を見た記憶があります。そこまでしても、緑が戻らない場所が、足尾の山には今も残っています。

こうした歴史を踏まえたうえで、足尾のむき出しになった山を見ると、「一度失った自然の回復は容易ではない」ということが、痛いほど分かります。
以前ご紹介した、ケニアのことわざにあったように、今、私たちが享受している自然が、将来の子どもたちから預かっているものだとしたら、失ってしまった足尾の緑について、どう責任をとったらいいのでしょう?

4月23日の日経新聞に、作家の立松和平さんが、足尾の植林について書いています。

立松さんは、13年前から、NPO法人足尾に緑を育てる会とともに、足尾の山に植林をしてきました。毎年1500人以上のボランティアが参加しているそうです。
植林を始めた頃に植えた木が、今では11メートルの高さに育ち、とても感動されたそうです。秋に紅葉した姿を見て、「まわりの山々は相変わらず茶褐色の単彩だから、この自然の錦繍(きんしゅう)はいよいよあでやかに見える」と書かれています。こんなにも、順調に育つとは予想されていなかったとか。

立松さんも紹介されていましたが、今年は4月26日(土)と27日(日)に植林が行われます。
誰でも参加できるそうなので、皆さんもぜひ、この機会に足尾を訪問してみてください。きっと気に入ると思います。(私は用事があって参加できないのです・・・)

植林の詳細はこちらで。
足尾に緑を育てる会 http://www.ashio-midori.com/
2008年 第13回「春の植樹デー」開催のご案内  http://www.ashio-midori.com/shokuzyu/syokuzyu08.html

なお、26日、27日は、通洞駅祭も行われるようです!
わたらせ渓谷鉄道、足尾銅山観光、足尾歴史館のトロッコ列車が運行します。
詳しくはこちらで。http://homepage3.nifty.com/susu/ashio/etc/s080426/s080426.htm


・・・・
足尾のお勧めスポットいくつか


ashio3.jpg
足尾に向かう、わたらせ渓谷鉄道からの景色です。渡良瀬川沿いを走ります!お弁当の販売もしていますよ~!




ashio4.jpg
途中の水沼駅には温泉があります。足尾の山を歩いた後、途中下車して入浴&マッサージでリラックスというのもいいですね!露天風呂です!




ashio5.jpg
だんだん足尾に近づいてきます。








ashio6.jpg
通洞駅前の大人気の食堂です。わたらせ渓谷鉄道のガイドさんオススメです。




ashio7.jpg
終点の間藤(まとう)駅からさらに山奥へ歩くこと2時間弱。松木渓谷であります。




ashio8.jpg
松木渓谷をさらに進むこと30分。精錬工場からの煙害で、廃村に追い込まれた松木村の墓石。松木渓谷には、こうした墓石が他に2か所あります。見つけるのはとても大変でした。人目のつかないところに、ひっそりと存在しています。




足尾銅山の歴史は、足尾銅山観光で、
足尾町の歴史は、足尾歴史館で学べます。

ゴールデンウィークに足尾への旅、いかがですか?
宿の予約はお早目に! 温泉宿は満室になります~!



おまけ
環っ波」に連載されている「新・宇井純物語」に、エッセイを書いています。(写真も掲載しています)
宇井先生の足跡を追う旅 足尾・旧谷中村訪問記
12:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.04.22 (Tue)

グリーンメディアってどうよ?

アースデイ東京2008に19日行ってきました。
オルタナの編集長&副編集長が参加しましたトーク「グリーン ×メディア」~グリーンメディアってどうよ? グリーンメディアの現状と未来を考える~ を聞いてきました。
greenmedia.jpg



トークに参加したのは、greenz.jp編集長の鈴木菜央さんと、greenzのwebデザインやアートディレクションを担当されている兼松佳宏さん、green tv.japan 代表兼プロデューサー 水野雅弘さん、そして、オルタナの森摂編集長と、木村麻紀副編集長でした。

この3つのメディアは、環境情報を発信している点は共通していますが、greenzがウェブで、「文字コンテンツ」による情報発信をしているのに対して、green tvは、同じウェブでも、「映像(ショートムービー)」で情報配信をしています。オルタナの場合は、メインは紙媒体の雑誌ですが、インタビュー記事の続編をウェブに掲載しているといった具合に、メディア媒体がそれぞれ違うのです。

3社とも、2~3年目の若いメディアであり、環境情報を発信し、なおかつ、ビジネスとして収益をあげていく難しさを経験していています。
一方で、収益の面では安定している既存の大手メディアも、最近は、環境問題について特集を組むなどの「グリーン化」が見られます。この「既存メディアのグリーン化について、greenzの鈴木さんが、パネラーに質問しました。

元日経新聞社の記者でもある森編集長は、既存メディアのグリーン化は無理ではないかとコメント。例えば新聞社なら、1000~2000人の記者がいるが、意識の高い記者は一握り。TV局も同様で、意識の高いプロデューサーやディレクターはほんの数人。彼らを応援、連携していくことが、今できることであり、まずは、彼らの努力に委ねるしかないとのことです。

補足として木村副編集長からは、意識の高い記者でも、環境に配慮した先進的な中小企業となると、知らないことが多いとのこと。こうした企業を、greenz、green tv、オルタナがどんどん取り上げていくことに、「グリーンメディア」の意義があると。

水野さんは、スポンサー企業は今後、広告のグリーン化とその効果について、今以上に考えるようになるため、その結果として、広告の傾向や、メディアが果たす役割は変わっていく。既存メディアは、グリーン化しないと経営できない状況に将来的にはなるだろうと話しました。


グリーン化は、既存メディアだけではありません。

最近では、質の高いコンテンツが、ブログにも登場していると、鈴木さんが紹介。英語圏のブログを見る限りでは、ジャーナリストやTVディレクター、NPOの専門家、会社のCEOらが、センシティブな話題をブログで取り上げ、建設的な議論とともに、世論に影響を及ぼし、大手メディアに対するチェック機能を果たしているそうです。



基本的には別々に仕事をしている3社ですが、「グリーンメディアアライアンス」という連合体を立ち上げています。

グリーンメディアアライアンス(Green Media Alliance:GMA)

先日、ジョン・ウッドさんが来日した際は、3社共同でインタビューを行い、それぞれの媒体でインタビュー内容を発表しました。

greenzはウェブに記事を発表。
マイクロソフトを辞めて1000万人の子どもたちに学びの場を作る男の話
図書館を20,000か所作って世界を変えよう! あなたも参加できる Room to Read (ルームトゥリード)

green tvは、ウェブでインタビュー映像を配信。
社会起業家ジョン・ウッド

オルタナは、雑誌6号にインタビュー記事を掲載し、続編をウェブに掲載。
6号の目次
ジョン・ウッドからオルタナ読者へ





水野さんは、トークの最後に、日本でも、住んでいる場所によっては、子どもたちが環境問題について知る機会は平等でないことを指摘しました。これからの社会を担っていく子どものためにも、グリーンなメディアは、誰のためのコンテンツなのか、ということを考えていくべきだといいます。

ウッドさんが、途上国に図書館や学校を建設することで、子どもたちが本にアクセスする機会を広げてきたことと、グリーンメディアが今後進んでいく道は、同じ方向を見ているのかもしれないと思いました。
15:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。