2008年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2008.06.28 (Sat)

映画『誰が電気自動車を殺したか?』

やっと日本語のDVDが発売になります。米国のドキュメンタリー映画「誰が電気自動車を殺したか?」。原題は「Who Killed the Electric Car?」です。
ビッグカメラのネットショップを見ると、「予約の受付は終了しました」との表示が。「数量限定」とも書いてありますので、もともとの予約可能数がいくつかにもよりますが、それなりに注目されている作品だとは言えそうですね。

また、数日前までは、映画のタイトルでネット検索をしても、ヒット数は少なかったのですが、DVD発売のせいか、一気にヒットサイト数が増えました。

2006年に米国で上映されたこの映画、私はとても内容が気になっていたので、DVDを購入しました。内容は、先日のブログ「イオン 電気自動車の充電スタンドを設置」にも書きましたが、米国カリフォルニア州で90年代に誕生したGMの「EV1」という電気自動車の誕生からその「最期」までを追ったドキュメンタリーです。「最期」と書いたように、とても人気のあったEV1は、製造者であるGMによって、廃車にされてしまう信じられない運命をたどるのです。同時期にトヨタやホンダが販売した電気自動車も例外ではありません。映画では、まだ十分に乗れる電気自動車が、無残にもスクラップされているシーンも映しています。

多くの人が「エコカー」と聞いて思い浮かべるのは、ハイブリッド車だと思います。しかし、ハイブリッド車は、ガソリンで動くエンジンの発電によって、搭載されている電池が充電されるしくみですから、ガソリンで走っているときには排ガスがでます。しかし、ハイブリッド車が登場するずっと前に、ガソリンも排ガスもなしで走るEV1のような車が普通に高速道路などを走っていたのです。
ガソリン車がガソリンを給油しないと動かないと同様に、電気自動車には充電スタンドが必要です。1990年にゼロ排気ガス規制(ZEV法)が成立したカリフォルニア州では、充電スポットの設置が進められていましたから、問題なく電気自動車を使うことができたのです。高速道路の標識にも、「電気自動車充電スポットあり」なんてものがあったりしたようです。

映画には含まれていませんが、YouTubeを検索すると、この映画の監督、クリス・パインが、ソーラーパワーで充電できるスタンドで、愛車の電気自動車を充電している映像が見つかりました。
電気の需要が増えると原発が増える、と考える人もいると思います。ですので、野放しに電気自動車をプッシュしたいとは思いませんが、こうした自然エネルギーを活用した充電スポットの設置にも力を入れれば、電気自動車を支援したい気持ちは強くなります。

ちょうど、7月2日に発売になる「オルタ」(アジア太平洋資料センター発行)という雑誌に、「誰が電気自動車を殺したか?」について書かせていただきました。DVDの発売は8月後半のようですので、一足先に内容が知りたいという方は、ぜひ「オルタ」を手にとっていただけると嬉しいです。
main2008_0708.jpg

「オルタ」2008年7・8月号
http://www.parc-jp.org/alter/2008/alter_2008_07-08.html
販売店
http://www.parc-jp.org/alter/other/hanbaiten.html






「誰が電気自動車を殺したか?」に関するYouTube画像
予告(英語)


トム・ハンクスも絶賛する電気自動車(人気トークショー番組にて)
23:12  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |