2008年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.20 (Wed)

チャリティ 本(ブック)プログラム 『Chabo!』

 本を買うことで、世界の難民・被災民の教育支援、自立支援に協力できる! それが「Chabo!(チャボ)」です。

本の代金以外に余計に払うの?

いえいえ、違います。

Chabo!の目的に賛同されている著者の方の書籍を購入すると、著者に入る印税のうち20%が、NPO法人JENを通じて、難民支援などに使われるというわけです。

現在、賛同されている著者の方は6人。

勝間 和代さん
酒井 穣さん
和田 裕美さん
小宮 一慶さん
竹川 美奈子さん
山口 一男さん
久恒 啓一さん

こちらのページに、Chabo!の対象になる書籍名が載っています。
対象書籍は、アマゾンにリンクされているので、オンラインでも購入できますし、同じページに掲載されている書店でも購入できます。

ブログに、Chabo!のアイコンをはって、応援することもできます。
アイコンはこちらで。

Chabo!
NPO法人 JEN
23:52  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.17 (Sun)

オリンピック選手村に届いた「夢たまご」

yumetamago.jpg
北京オリンピックの選手村に、愛知県瀬戸の子どもたちから応援メッセージが届きました。届けてくれたのは、自転車の長塚智広選手です。
色とりどりの小さな紙に書かれた応援メッセージ約500通は、瀬戸の地場産業・窯業(ようぎょう)を活かした卵型の陶器に入れられています。卵を置く台も、瀬戸産の手作りレンガです。これが「夢たまご」です。

長塚選手が夢たまごを手にしている写真は、こちらで

長塚選手のブログでも紹介されています。

この企画は、NPO法人アスクネット(愛知市民教育ネット)という、「市民参加の教育づくり」を推進しているNPOが企画し、実現したそうです。

私のBlogに掲載した写真は、夢たまごのキーホルダー版で、長塚選手に託したものより小型で軽量です。大きな夢たまごも、小型のキーホルダーも、どちらも、卵の上のほうに穴があり、メッセージを書いたメモを巻いて、穴の中に入れることができます。

叶えたい夢のある人が、自分でメッセージを書いてもいいし、
夢を追いかけている人を応援しようと、応援メッセージを入れてプレゼントしてもいいですね。キーホルダーは、ワンコイン(500円)で販売しているそうです。夢を応援できる、素敵なグッズだと思います。

瀬戸の小学校の中には、卒業式に、校長先生、担任の先生が夢たまごのキーホルダーに応援メッセージを入れて、卒業する児童にプレゼントするところもあるそうです。卒業する児童も、自分の夢をこれに加えます。

小学校の卒業式に私だったら、どんな夢を書いたのでしょうか?当時私が、夢を持っていたのか、ちょっと疑問ですが・・・


いつも持ち歩いているものに夢たまごのキーホルダーをつければ、見るたびに、「夢の実現に向けて、私は努力しているかな?」と自問することもできますし、メッセージを入れてくれた人の顔を思い浮かべ、励みにすることもできます。

子どもの夢を応援したい企業が、アスクネットから夢たまごのキーホルダーを購入し、小学校や子どもを中心にしたグループに寄付したり、個人が、応援したい人にプレゼントするのにも、いいかもしれないですね。

アスクネット 夢たまごについて
12:03  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.14 (Thu)

海岸のゴミを拾って 由比ヶ浜でライブを楽しむ!

お盆休みに突入し、山手線に乗っても、なんとなく休日モードな雰囲気で、私の仕事もスローダウンしてしまいそうです。(苦笑) 皆さんは、どこでお盆休みを過ごされるのでしょうか?

8月17日、鎌倉の由比ヶ浜海岸に行かれることがあれば、海岸で拾ったゴミが入場券になるライブを楽しめます! このライブとは、毎年由比ヶ浜で行われている「ビーチクリーンライブ」のこと。1996年から参加している歌手の杉山清貴さんも登場します。「好きでやっているので、出演料なし」(東京新聞8月11号朝刊)での参加とあります。

8月17日(日) 午後4時ごろから海岸のゴミ拾いがスタート
拾ったゴミが、ライブの入場券!
そのあと、ライブがスタートします。

ゴミ拾いの受付&ライブについては、由比ヶ浜海岸の海の家「KAMAKURA BEACH RESORT」まで。

KAMAKURA BEACH RESORTのブログ
地図


最近海岸を歩いていないので、海のゴミの現状には詳しくないのですが、東京新聞8月11号朝刊によると、神奈川の海岸のゴミの7割は、陸地から川を経由して漂流したものだとあります。つい先日、東京の神田川と日本橋川を舟に乗ってまわるエコツアーに参加したのですが、川のゴミを回収する清掃船を見かけました。よく考えれば、川は海へ流れているのですから、ゴミが川の途中でキャッチされなければ、海に行きつくのは当然のこと。

片瀬海岸では、ゴミを回収するトラクター「ビーチクリーナー」を、「かながわ海岸美化財団」が走らせているそうです。同新聞によれば、年間の清掃費は2億円で、県と沿岸の13都市が負担しているとあります。しかも、海にたどりついたゴミは、「ゴミの発生源と、漂流先の自治体が異なり、法律上は回収した自治体が処理費を負担する点が問題」と指摘される独特の問題があります。

17日のビーチクリーンライブは、ゴミの漂流先である海での活動です。
海から離れた地域に住んでいる人が、ゴミのポイ捨てをしないことは、海のゴミを少なくすることに貢献していると言ってもいいのではないでしょうか。

私はお盆休み中も仕事ですが、東京で、ポイ捨てをしない「毎日がビーチクリーニング」を実践しようと思います!みなさんも参加してくれたら嬉しいです。

なお私は、杉山清貴さんの大ファン!コンサートにも行ったことがありますし、横浜をご家族と買い物中の杉山さんを目撃したこともあります。(笑)
ですので、こうして、ブログで杉山さんの活動を紹介する日がくるなんて、とても嬉しいです。
また、8月15日発売の雑誌「ビッグイシュー」には、杉山さんのインタビュー記事が載ります。リレーインタビューの66回目で、シンガーソングライターの南佳孝さんのご紹介で、杉山さんが登場されています。
読むが楽しみです!

12:11  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。