2008年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.17 (Wed)

市民が選んだ「CSRプラス大賞」はワッツビジョンに

 優れたCSR(企業の社会的責任)を実践する企業を表彰する「CANPAN第2回CSRプラス大賞」(主催・日本財団)の授賞式が11月7日に行われまして、愛知県尾張旭市の有限会社ワッツビジョンが大賞に選ばれました。同社は手作りのタイルメーカー。子育てを優先させながら働ける職場づくりが、多くの市民に支持されたようです。r0013030edit.jpg


 「ものづくりは、人づくりであり、まちづくりでもある」と考えるワッツビジョンでは、子育て中でも仕事がしやすい職場づくり徹底していまます。

 子どもの同伴出勤が可能で、母親が仕事をしている間、子どもは事務所や作業場のすみで遊んで過ごします。また、働く時間を自由に決めることができるため、子どもを幼稚園や小学校に送りだした後、余裕をもって出勤し、子どもが帰宅する15時頃に仕事を終えることも問題ありません。報酬は出来高制で、がんばった分だけ報酬がもらえるしくみになっています。

 授賞式で代表取締役社長の横井暢彦さんは、「経営者が必要だと判断すれば、すぐに取り入れることができる取り組みだと思います」と言われましたが、ほんとうにそう思います。ワッツビジョンのような職場があれば、小さなお子さんを持つ方も、安心て働けますし、横井さんのように子育てに理解のある経営者が増えると、もっと母親にも父親にも働きやすい職場が増えることでしょう。

 ワッツビジョンをCSRプラス大賞に推薦したNPO法人「地域の未来・志援センター」の村田元夫さんは、「推薦に際して、横井さんに説明に行った際、CSRをあまりご存じではありませんでした。言わば、『天然系のCSR企業』なのだと思います。」と述べられましたように、ワッツビジョンは「天然系CSR企業」なのです。この表現、非常に気に入ってしまいました!

 「重要だと考える町づくりや子育てがしやすいよう、会社をつくっただけ」と横井さんは語ります。
ワッツビジョンの取り組みは、CSRを意識して行われているのではない。従業員のことを考え、経営者が理想とする職場を実践している。それが、多くのネット投票者の心をつかんだようです。

 CSRプラス大賞にエントリーした企業の内訳は、日本財団が運営するサイト「CANPAN」に登録のある情報開示度の高い10社と、地域のNPO支援センターなどが推薦した10社の合計20社。これらの企業の取り組みをネット上で読み比べ、市民ネットユーザーの投票結果を元に、グランプリ(総合)、地域推薦部門と情報開示部門それぞれの金賞・銀賞を決定しました。
 ネット投票においては、企業名を掲載せず、取り組みだけを読んで投票してもらいました。投票者20,975人のうち、ワッツビジョンが最高の1910票を獲得。投票に参加したのは、男女半々で、年代では30代(37%)、40代(28%)が、属性では会社員が(47%)が最も多かったそうです。

 グランプリ以外の受賞については以下のサイトを参照:
CANPAN第2回CSRプラス大賞授賞式が開催されました!

 
11:05  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.15 (Mon)

Candle JUNE & アマゾンの森 & EARTHSONG

pb111248_2.jpg

美しいキャンドルの制作や演出で有名なCandle JUNEさんの展示が、新宿のコニカミノルタプラザで18日まで開催されています。コニカミノルタプラザでは、「環境へのメッセージを込めたアーティスト作品展として」Candle JUNEさんの創り出す「光」の世界を、今回の展示会のためだけに用意したオリジナルインスタレーションの形で展示しているそうです。

キャンドルアーティストであるCandle JUNEさんは、広島やアフガニスタンなど、争いのあった土地に火を灯す「Candle Odyssey」の旅を始め、 「土と平和の祭典」でのステージの演出などを手掛けてこられました。ニール・ヤングのステージも、Candle JUNEさんが演出されたこともあるそうです。

今回のコニカミノルタプラザの展示では、自然界の持つ美しい「光」をテーマに、Candle JUNEさんが参加するクリエイト・プロジェクト集団「DEBLI Project」のコンセプトで演出した空間がテーマだそうです。会場では、あえてキャンドルの火は灯さない演出になるということですので、どんな感じなのかイメージできませんが、18日までに見に行きたいと思っています!

r0010310edit.jpg

2007年の 「土と平和の祭典」にて


同じ会場の別の展示室では、「森に聴く アマゾンの森」という永武ひかるさんによる展示が開催されています。
世界最大の熱帯雨林アマゾンが、今、急速に失われつつありますが、森ととともに生活を営む先住民やシャーマンや、神秘的な密林の自然の写真や映像を展示しているそうです。

さらにもう一つの展示場では、ドイツ人写真家ベルンハルト・エドマイヤー写真展「EARTHSONG」が開催中。地球の営みによって生み出された自然の造形美を、上空から撮影すると、こんなにも美しく神秘的なのですね!

コニカミノルタプラザの公式ページで何枚か見ることができます。

コニカミノルタプラザ
コニカミノルタプラザはJR新宿駅東口のフルーツの新宿高野4階です!
入場無料。12月18日まで。
ぜひ、訪問してください~!
11:12  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.11 (Thu)

オルタナ+セミナー「環境・CSRをどう広報するか」無事終了

12/9、オルタ+(プラス)セミナー「環境・CSRをどう広報するか」が無事終了しました。
r0010310edit_20100926115050.jpg
講師は「オルタナ」の森摂編集長。

どんな内容だったのかというと、

企業の環境・CSR活動の広報は普通の企業広報より難しいと言われます。

それは新聞や雑誌、テレビなど大手メディアが「面白い」と考える基準と、実際のCSR・環境活動に少しのズレがあるからです。

「このズレ」をどう解消するか。どうすれば伝わりやすくできるか――を考えます。

また、より実践的な内容とするため、当日、会場ではプレスリリース添削をスクリーンを使って行います。

当日添削を希望するプレスリリースがある方は事前にお申し出のうえ、リリースのワードファイルをお持ち下さい。



と、イベント告知の文章をそのまま転載しましたが、基礎編として、新聞記事のパターンや形式や、新聞記者が関心をもつプレスリリースの特徴などを説明。
そのあと、環境やCR活動の記事の特徴などをレクチャー。事前に参加者から提出していただいたプレスリリースを見ながら、改善点などを示す・・・という流れでした。

私も記者経験がありますが、しっかりメモを取ってしまいました。
プレスリリースを送る側にとっては、受ける側が何を見て、どう処理するのかについては、全く情報がありません。
記者に知り合いがいれば別ですが、なかなか聞くことのできない話なのではないでしょうか?勉強になりました~!

今回はおかげさまで参加者が多く、机やいすの配置をいつもと違うようにセッティングさせていただきました。
参加者同士が向かい合わせに座ることで、交流が生まれやすかったような気がします。

次回のオルタナ+セミナーは2009年2月13日(金)。
末吉竹二郎さんを講師に迎え、「環境とビジネスの理想的な関係」(仮) を予定しております。
(詳細は、オルタナのウェブサイトに掲載します。)
22:05  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。