2009年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.27 (Tue)

映画『へばの』のトークショーにでます

hebano.jpg
「へばの」という映画のトークショーで話すことになりました。2月4日(水)です。なぜか水曜日が「ノー残業デー」の会社が多いようですので、もし皆様の会社がそうでしたら、ぜひぜひ「へばの」を見に、東中野ポレポレ(←シアターの名前です)まで来ていただけると嬉しいです。

1月31日(土)から連夜、21時10分からのレイトショーでの上映となります。トークは上映後の22時半からで、2月2日から7日(土)を除く8日までの毎晩、女性ゲストを迎えて行われます。題して、「ヒロインの一撃」だそうです。詳しくはコチラのサイトをご覧ください。

さて、「へばの」ですが、タイトルだけで、どこが舞台の映画か分かった人は、東北ご出身でしょうか? 「へばの」とは、東方地方の言葉で「じゃあね」とか「さようなら」を意味する言葉だそうです。「へば!」と友達と別れるときに使うとのこと。
ちなみに、「へばの」は、オランダ・ロッテルダムで行われている国際フィルムフェスティバルでも上映されていて、英語のタイトルは「Goodbye」 となっています。エジプト・カイロで行われた国際映画祭では、銀賞(2位)を受賞した作品です。

ロッテルダム国際映画フェスティバル


「へばの」は、核燃料再処理工場のある青森県六ケ所村に生きる恋人の紀美(きみ)と治(おさむ)の恋物語を軸にしながら、「ロッカショ」という地域性に翻弄されていく二人と、彼らを取り巻く人々を描いています。
かといって、「ラブストーリー」というジャンルだけには集約できない、社会の歪みが描かれている映画です。

恋人の治は、高校卒業後、地元の工場(再処理工場)に就職します。そこで、プルトニウムを扱う際、内部被ばくをしてしまうのです。
放射能は若い細胞に最も影響を及ぼしますから、生殖細胞が一番やられます。結婚を考えていた紀美と治の関係は、少しずつ離れていきます。

この映画はフィクションですが、治の被ばく事件については、モデルが存在するそうです。2006年に六ケ所村の再処理工場で起こった、19歳の男性労働者によるプルトニウム吸引による内部被ばく事故です。06年にはこうした被ばくが再処理工場ではもう一件起きています。

また、映画には、工場周辺を飛び交う鳥が射殺されるシーンがでてきます。このシーンについては、あれは一体何なのか、と疑問を感じている人が多いようでして、私もよく分からなかったのですが、どうも、再処理工場で働く労働者が、鳥を撃ち殺しているようです。この行為にも、モデルがあると監督からお聞きしました。


r0013337.jpg


モデルとなったのは、イギリス・セラフィールドの再処理工場付近を飛ぶカモメやハト。
カモメやハトはセラフィールド付近の地面に着地し、再びどこかへと飛び去っていく。人間が恐れたのは、カモメやハトが放射能を運んで拡散させるのではないかということ。
こうした地元民からの批判を受け、工場側は、射撃のプロを雇って、工場に近づく鳥を撃ち殺すことにしたそうです。
※写真は出所不明ですが、私が初めてセラフィールドの核再処理工場のことを知るきっかけとなったハガキです。


事実を事実として描く「ノンフィクション」と、そうでない「フィクション」。
「へばの」はフィクションですが、フィクションだからこそ見えてくるモノが、現実社会に生きる私たちには、むしろリアリティをもって迫ってくる――。 そんなことを感じさせてくれる作品でした。

そして、六ケ所村の凍りつくような寒さが、きっと暖房のきいたシアターで映画をご覧になった方々にも、伝わる映画だと思います。

こう書きながら、すごく不思議に思うんです。
映画で紀美が、「寒い寒い」とブルブル震えているようなシーンはないのに、なぜか、紀美を介して、六ヶ所の寒さが伝わってくるんですね。

いろいろな意味で、心身ともに刺激される作品だと思います。



「へばの」公式ページ
 





スポンサーサイト
12:49  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.24 (Sat)

「日本でいちばん大切にしたい会社」に学ぶ

csr_report_2.jpg
ただいま大量のCSR報告書を読んでいます。いろいろと気がつくことがあるのですが、そのうちの一つが「人材」についてです。



「人材」って、このような漢字で書きますが、なかには「人財」と書いているところもあります。
理由は、従業員は会社にとっての財産だからです。



私は経営者ではありませんが、従業員は会社の財産という考えに異論はありません。
異論がないからこそ、私は自分で会社を興さないのだと思います。自分が社長になったら、従業員を大切にしてやっていくだけの経営ができるのか―。そこに不安がある以上、安易に会社をはじめ、人を雇うことはできない―と、私は考えています。



人財――。



昨年末、「日本でいちばん大切にしたい会社」という本の著者でいらっしゃる、法政大学大学院教授・坂本光司先生を取材させていただきました。
中小企業を6000社以上取材されてきた坂本先生が言われていたことは、



会社経営とは、



社員とその家族
外注先・下請企業の社員
顧客
地域社会
株主



の5人を幸せにする活動だといいます。



そのなかでも、最も優先すべきものが、「社員とその家族」です。
理由は、会社の商品やサービスをつくりだすのは、社員であり、
彼らが幸せでなければ、人を感動させるものは生まれないからです。




詳しくは、オルタナ12号(2月初旬書店に並びます)の『後書きの余韻』をご覧ください。
坂本先生に、この本で最も伝えたかったこと。発売後の反響などをお聞きしてきました。





この本の帯には、
「人生観と仕事観を変える本。油断していましたが、泣けました・・・。」
とあります。




帯は嘘をつきませんでした。
私も、私にこの本を紹介してくださった方も、泣いてしまいました。






別の取材で、中小企業の経営者の方とお話させていただくことがありましたが、
その話に込められた人の温かみに、涙腺が緩んでしまうことが、しばしばありました。



大企業ではありませんが、堅実な経営をしながら、
従業員を大切にしていらっしゃるのです。



常日頃から、従業員に負担をかける働き方をさせないよう、
受注する仕事に気をつけていらっしゃいました。



例えば、一定期間、派遣を雇わないと回らないような注文は、
そのときは儲かりますが、受注されないのだそうです。



安定して長期間かかわれる仕事を大切にしつつ、
従業員が仕事に集中できるよう、会社としてできることをやるのです。



たとえば、託児所をつくったり、
有休を一時間単位で使えるようにしたり、
欠員がでても、他の人がカバーできるよう日頃から、複数の仕事を経験させたりしているのです。



すべては、従業員が安心して働けるように、とのことだそうです。






こうした話を実際に聞いていたこともあって、
「日本でいちばん大切にしたい会社」で、坂本先生が言われていることは、すんなりと私の中に入ってきました。





ですので、「人財」・・・というのは、素晴らしい発想だと思うのです。





昨今の非正規雇用の首切り。
そして、昨晩のNHKで、育児休業中の従業員が休業中に解雇されていることを知りました。





こんなことがあっていいのでしょうか?





多くの人に、「日本でいちばん大切にしたい会社」を読んでもらいつつ、
「人財」の意味を、考えてもらいたいと思っています。













 

12:31  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.19 (Mon)

森編集長 オバマのグリーンニューディール政策を語る

とうとうオバマ氏の米大統領就任式が迫ってきました。
米国時間20日正午に大統領に就任するので、日本時間ですと、21日午前2時ですね。

さまざまなニュースで、オバマ氏の政策が語られていますが、21日の東京FM「デイリープラネット」で、オルタナの森編集長が、オバマのグリーンニューディール政策について語ります!



TOKYO FMデイリープラネット
ハミングバード

司会・石川實、守乃ブナ

1月21日 20:00~21:30



森編集長の出演は21時頃からだそうです。

番組は無事終了しました。内容についてはこちらでどうぞ。





「ラジオの中の新聞社」と言われるラジオ番組「デイリープラネット」は、
オルタナ同様、中身のギュっとつまった番組です。

毎回、地球上のさまざまなトピックを紹介してくれていて、どの話もおもしろいんです。

21日の番組では、オバマ氏の米大統領就任にあわせた特集プログラムで、
森編集長が、オバマ新大統領のグリーンニューディール政策などについて話します。

みなさんもぜひラジオを聞いてください。

おそらく・・・聞いた方のなかには、デイリープラネットのファンになる方もいらっしゃると思います。

私は、毎回番組を聞いているわけではないのですが、ある時に聞いた番組で流れていたMGMTの「Youth」という曲に惚れこんでしまい、CDをゲットしてしまいました。
あまりCDを買いたいと思わない性格なので、それほど好きな曲なんだと自分でも驚いています。

MGMT - The Youth (studio version)


そんなわけで、トークだけじゃなくて、音楽も素敵な「デイリープラネット」。

トークとトークの間をつなぐ、心地よい音楽。
そんな番組に惚れてしまうかもしれませんが、ラジオって結構好きです。

食器洗いながら聞けますし!(キッチンにラジオ必須です、多分)(笑)


そして、オルタナ編集委員の谷埼テトラさんが、この番組の構成に関わっていらしゃいます。

Daily Planet 2008年06月17日 1/8



15:05  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。