2009年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.19 (Thu)

日本ファンドレイジング協会が発足

R0013508.JPG「日本ファンドレイジング協会」設立記念シンポジウムに行ってきました。

世界規模の100年に一度といわれる金融危機、雇用・産業など経済活動の行先き不透明感が漂うときに「こんな時代だからこそ、できることがあります」。(パンフより引用)


 認定NPO法人への寄付は寄付金控除等の対象になるなど、寄付文化の育成に必要な制度が少しづつ実現する一方で、信頼できる寄付データの不足など、まだまだ解決せねばならない課題も多く、こうした課題をクリアにし、日本に寄付文化革命を起こそうと、日本ファンドレイジング協会が誕生しました。

 シンポジウム・来賓挨拶では、日本財団会長の笹川陽平さんが挨拶を行いました。以下、サマリーです。

83年 市民活動を活発にするにはどうしたらいいのかと思い、日本の代表的な新聞のNPO活動に関する記事のクリッピングを開始しました。10年間でノートに貼り付けたものが100冊になり、これを記念して、NPOやボランティアの支援を開始しました。
95年、阪神淡路大震災が起こりました。そして、130年ぶりの民法の改正で、NPOが法人格を持てるようになりました。
これまでは日本とフランスは、財団やNPOについて性悪説の立場でありました。市民がいいことをするわけではない。したがって、全ては税金を使って国が行えばいいと。
ごらんのとおり、行政、国家だけでは埋められないひずみが発生しています。これを埋めるのが市民です。また企業のCSR活動をいかに活発化させるかによって、行政のひずみを生めていく時代になってきました。
NPOの資金集めは遅れていると思います。活動は賞賛されても、称賛の言葉にだまされてはいけません。そうした言葉より、1000円でも寄付してくださる人が、みなさんの仕事を正しく評価してくれている人だと思うのです。
支えられる数が多ければ多いほど、皆さんの活動が評価されていることを意味します。支えてくれる人がいない仕事は自己満足に陥っているのではないでしょうか。
私は個人的に、40年間、ハンセン病の活動をやっています。時間があれば支援者に礼状を書いています。毎月1000円寄付してくださる方こそ、活動を評価、支援してくれている人なのです。
お金を集めることはつらい仕事。しかしつらい仕事で得たお金だからこそ、しっかり社会のために使わなければつかわなければ、という気持ちになるわけです。



このあと、世界最大のファンドレイジング協会(会員数3万人)の「Association of Fundraising Professionals(AFP」代表の、ポーレット・マエハラさんが特別基調講演を行いました。


続きを見たい~!の応援クリックが、ブログ執筆の励みになります。ぜひクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

クリックにこたえまして、後日、上記ファンドレイザーのポーレット・マエハラさん特別基調講演を書きました。

こちらもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
12:13  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。