2012年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.27 (Fri)

雑誌『週刊金曜日』892号

雑誌『週刊金曜日』に、

水俣病判断条件の見直し機運止める
大阪高裁、女性の訴え棄却


という記事を書いています。
判決の内容、原告弁護団と環境省の交渉内容などが中心です。

環境省がPR中の特措法による水俣病の救済策。
この申請受付終了後(7月末締め切り)に名乗りでてくる被害者の窓口として、
行政認定制度(公健法に基づく認定制度)があると、同省の大坪寛子特殊疾病対策室長が発言しました。

行政認定制度は70年代からある制度ですが、環境省はこちらの制度については、ほとんどPRしてません。
こちらのほうが、補償内容はずっと充実しているのに、です。
ですから、環境省の官僚の口から、認定制度が今後も存続する、という発言がでてきたのは、その真意はどうであれ注目すべきだと思ってます。

スポンサーサイト
14:24  |  実績  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。