2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2008.12.30 (Tue)

郵便局で、インクカートリッジの回収中

インクカートリッジのリサイクル、どうされてますか?
気になってWEB検索してみたところ、インクカートリッジ里帰りプロジェクト を発見しました。

これまでメーカーごとに回収していましたが、プリンタメーカー6社が共同で再資源化に取り込んでいます。

 <共同回収実施企業>
ブラザー工業株式会社/ブラザー販売株式会社
キヤノン株式会社/キヤノンマーケティングジャパン株式会社
デル株式会社
セイコーエプソン株式会社/エプソン販売株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社
レックスマークインターナショナル株式会社


具体的に「再資源化」とは何を意味するのか問い合わせてみたところ、
カートリッジのケース材として再使用したり、カートリッジの輸送容器、回収容器などに使われるとのことでした。
回収したカートリッジにそのままインクを充填・使用することはないそうです。

インクだけ補充ができれば、一番無駄がないと思うのですが、技術的に問題があるのでしょうか?
開発してほしいですね。


さて、使い終わったカートリッジ、身近なところで回収できるように、日本郵政グループと協力し、約3600の郵便局での回収を始めています。

回収箱を設置している郵便局一覧(PDF)


回収されたインクカートリッジは、「ゆうパック」で拠点に届けられます。
各拠点でプリンタメーカーごとに仕分けされ、その後、各メーカーで責任もってリサイクルされます。
こうした仕訳作業は、障がい者の方々が多く働く企業を選定しているとのことです。
(ヒューレット・パッカードのサイトより)


そして、私たちが郵便局に持っていったカートリッジは、以下のサイトで、追跡することができるのです。

郵便局に出したカートリッジの里帰り状況の確認


年間約2億個が使用されているインクカートリッジ。使用済みカートリッジの回収率は10%程度だそうです。
年賀状の準備で、インクカートリッジを使われた方、多いと思います。
こうした再資源化の取り組みを、ぜひ活用してほしいと思います。
関連記事
21:56  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://minoriokuda.blog133.fc2.com/tb.php/22-5c109a59

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |