2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2008.09.29 (Mon)

新しい寄付の方法 「僕のルール」でワクチンを寄付

 少し前に、「僕のルール」という方法で、ワクチンを寄付するNPOの活動が新聞で紹介されていました。記事を読んで、ハッとしました。こういう寄付の仕方があったのかと。
 どんな方法かというと、寄付をしたいと思うそれぞれが、自分のルール(僕のルール)にしたがって寄付をするというもの。例えば、福岡ソフトバンクホークスの和田毅選手は、公式戦で一球投げることにポリオ(小児まひ)ワクチン10本、勝利投手になったら20本、完投で30本、完封で40本を贈るというルールを決めて実践しています。(東京新聞2008年9月14日参照) この結果、3シーズンで贈られたワクチンは15万本。和田選手は「僕のルール」の発案者で、その後多くの方が自分なりの「僕のルール」を決めて、ワクチンの寄付をしてきました。
 ワクチンは、認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」(JCV)によって、ミャンマーやラオスに贈られています。ワクチン一本は20円とのことです。

世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV) 


 東京新聞によると、他にも「僕のルール」でワクチンの寄付に参加している早見優さんを紹介しています。早見さんは、娘さんに一冊の絵本の読み聞かせをするごとに、寄付をされているそうです。この方法でしたら、小さなお子さんのいらっしゃる方も真似できますね。
 ビジネスパーソンの「僕のルール」も紹介されています。ゼネコンの奥村組東北支店では、トンネルを1メートル掘るごとにワクチンを2本。銀座のミエル(ドーナツ店)は、お客さんが簡易包装を希望し、紙が節約できたら1本、調理師がハンバーグを一枚焼くと1本というルールだそうです。

インタビュー 僕のルール・私の理由


 JVCのホームページには、世界で一日に4000人の子どもが、ワクチンがないため、感染症で命を落としているとあります。JCVでは、活動を継続・拡大していくために、エッセイコンテストを開催し、「僕のルール」への参加者を増やしたいと考えているそうです。現在、10月末日締め切りで、寄付や募金にまつわる経験や想いをテーマにしたエッセイ(100字~400文字程度)を募集しています。
最優秀賞の「和田毅賞」や「一般投票第1位作品」に選ばれた方は、JCV海外支援地視察への招待が予定されているそうです。
詳しくはコチラをどうぞ。
関連記事
00:11  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://minoriokuda.blog133.fc2.com/tb.php/43-48dd85a7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |