2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.18 (Wed)

でんきを消してスローな夜を ~100万人のキャンドルナイト~

でんきを消してスローな夜を ~100万人のキャンドルナイト~

今年も、「キャンドルナイト」がやってきます。
今週末、6月21日(土)から7月7日(月)。夜8時からの2時間。でんきを消してスローな夜を過ごしてみませんか?
(今年は、7月7日の洞爺湖サミットまで、期間が長く設定されています)
candle_2.jpg
スローな夜と言われても、何をすればいいのだろう・・・と思ってしまう人、多いかもしれないですね。
キャンドルナイトの公式サイトには、

キャンドルのあかり一本だけともして、こどもたちに本を読んであげる。
お風呂にアロマキャンドルつかれたカラダをやすめてみる。
とっておきのワインを開ける父(母)といつもはできない話をしてみる。
ひとり静かに灯りを見つめる、遠くにいる大切な人を想う。
キャンドルの灯りでご飯をたべる。恋人と平和とか戦争とかの話してみる。
ペットと晩酌する。ひとりじゃない幸せに乾杯する。
 ※キャンドルを灯したその後の、「火の始末」もわすれずに。


などのアイディアが紹介されていますが、私が考えている今年のキャンドルナイトは、

キャンドルの灯りをともし、スローな音楽をかけながら、ストレッチにはげんでみる・・・


です。疲れ気味&運動不足な身体をいたわってあげたい。。。という切実な思いからこうなりました。(苦笑)

夜の8時から9時といったら、お仕事をされている方も多いでしょうし、帰りの電車の中だという人もいるでしょう。
「スローな夜」を目指すなら、無理せず、肩の力を抜いて、“できる範囲で”でやってみるような軽いノリのをお勧めします。

帰宅が夜10時ころなら、夕飯を食べる間だけ、キャンドルの灯りで過ごしてみるとか。
食後の一杯を、ベランダから夜空を見上げながら、ぼーっとしてみるとか。

なんだか、みなさんに提案しながら、私自身の生活でも、取り入れることができそうなアイディアだと気が付きました。原稿書きで家に缶詰状態になっていると、外にでるのが郵便物チェックや、ゴミ捨てだけ、という日もあったります。こなさなくてはいけない仕事は山済み。時間がなくて、気分転換の散歩に行く余裕もない。そんなとき、限られた時間でも、家のなかで「非日常」を演出し、その時間だけでも、ゆっくりと過ごせたら、そのあとの仕事の効率も上がる(!?)かもしれませんね。

この、キャンドルナイト。そもそもの始まりは、2001年にカナダで始まった「自主停止運動」がきかっけだそうです。ブッシュ大統領の1ヶ月に1基ずつ原子力発電所を建設する、という政策に反対して始まったアクションだとか。これを明治学院大学教授の辻信一さんが日本に紹介され、日本では今回が8回目になります。

日本に持ち込んだときに、キャンドルナイトを行う日を、いつにするのか迷ったそうです。アースデイの行われる4月がいいとか、終戦記念日にしようとか。結局、どこの国にいっても必ずやってくる「夏至」と「冬至」の日にすることにしたそうです。こうしたタイミングでキャンドルナイトを行うと、地球と太陽の位置だとか、「地球人」としてのアイデンティティなど、ふだんあまり考えないことに関心がむきそうです。
自分の立ち位置を客観的に見ること。それも、ローカルなスケールではなく、地球規模にまで拡大してみたら、今、地球で繰り広げられている争いについて、「おかしい」と思う人が一人でも増えるかもしれないと、そんな期待が個人的にはあります。


キャンドルの灯りといえば、昨年11月に芝公園で行われた「種まきスーパーライブ」(@土と平和の祭典)では、ステージの前を、Candle JUNEさんのカラフルなキャンドルが演出。幻想的な雰囲気をかもしだしていました。
すでに終了してしまいましたが、6月13日には、代々木公園の野外ステージで、「100万人のキャンドルナイトに向けて」というライブ&トークが行われ、Candle Juneさんのキャンドルが使われたそうです。ニール・ヤングやベン・ハーパーのステージでも使われたそうです。下の写真は、「種まきスーパーライブ」で撮影したものです。
candle_june.jpg
では、皆様、素敵なキャンドルナイトをお過ごしください!

おまけ:数年前の私のキャンドルナイトの様子です。
candle_at_home.jpg

100万人のキャンドルナイト
http://www.candle-night.org/
関連記事
12:01  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://minoriokuda.blog133.fc2.com/tb.php/72-5998f390

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。