2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.05.25 (Tue)

5月25日発売の『週刊朝日』に桑原史成さんの写真が

5月25日発売の『週刊朝日』に、水俣病の写真で有名な、写真家・桑原史成さんの写真が掲載されます。

『週刊朝日』の公式ページにある5月25日号の目次には、
 写真家・桑原史成が撮った 水俣の50年
とありますね!

撮影が行われた5月1日の夕方には、
朝日新聞が、桑原さんの水俣での撮影について記事にしています。

水俣、撮り続けて半世紀 患者ら一堂「凝縮の1枚」

1日午前、水俣病犠牲者慰霊式の開式を控えた熊本県水俣市の会場近く。1人のカメラマンが、患者や遺族ら37人の集合写真を撮影していた。桑原史成(くわばら・しせい)さん(73)。水俣病の惨禍をフィルムに焼き付け、いち早く世に訴えた報道写真家だ。通い始めて50年目の今、「ミナマタの半世紀を凝縮した1枚を」とシャッターを切る。

 海沿いの撮影場所に、つえをついたお年寄りや車いすの胎児性患者らが集まった。かつて桑原さんの被写体となった人やその遺族たちだ。それぞれ、ゆかりの写真を手にして並ぶ。患者の支援を続けてきた水俣病市民会議の会長、日吉フミコさん(95)や、被害者の掘り起こしに努めてきた医師、原田正純さん(75)の姿もある。

 「過去に例がない」という患者らの集合写真の撮影に、桑原さんは「水俣を分断してきた枠を取り払いたい」との思いを込める。(以下略)


外部から水俣を見ている私でさえ、水俣病事件によって分断された関係が、今日まで続いていることは否定できません。

関係がこじれていないとしても、このような桑原さんの呼びかけがなければ、同じ場所に集まることはなかったのではないか、と思えるような嬉しい再会、複雑な再会が撮影現場ではあったように思います。

「記録する」という写真の役目は、
今回は、人と人を結ぶ・・・という役目も果たしたようでした。

青い空と、青い海の広がる不知火海に面した港で、
かつて桑原さんの被写体となった方々が、当時撮影された写真を手にもって並ぶ写真が撮影されたのでした。

その間(10分弱)、石川さゆりさんの歌う演歌が、CDラジカセから流れていました。

20100501_1.jpg

撮影は、なんと、トラックの上から!
右から、桑原史成さん、同じく、水俣を撮影された写真家・小柴一良さん、週刊朝日のカメラマンの方。と、桑原さんからお聞きしております。
20100501_2.jpg



* * *

桑原さんにお聞きしました。

水俣病の最初の出会いは、『週刊朝日』だったそうです。

東京から実家のある島根に帰る新幹線に乗る際、友人がくれた雑誌が『週刊朝日』だったのですが、その号に、水俣病を取り上げた記事があり、桑原さんは「(自分が撮るべきものは)これだ!」と思ったのだそうです。
桑原さんの人生に、『週刊朝日』が大きな影響を与えていたのです。

今回撮影するにあたって、水俣には数日前に現地入りし、5月1日の撮影のお願いについて、一件一件、訪問されたそうです。

私はつい、「電話で事前に連絡をとることはされなかったのでしょうか?」
と聞いてしまいました。
桑原さんは笑顔で、「耳の遠い人に、電話ではお願いできないんですよ」と。

私の想像力の至らなさをモロに実感。(涙)
自分の質問の浅はかさに、一気に恥ずかしくなりました。

桑原さんの素晴らしい写真が、『週刊朝日』に掲載されているはずです!


  


02:24  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.19 (Wed)

FC2ブログ使ってみました。

初めてFC2ブログ、使ってみました。
何が魅力かというと、「拍手」機能です。

ブログタイトルにもあるように「試験的」に使っています。

FC2ブログ、編集画面がわかりやすいですね。
書いたものが、どのようにブログに反映されるのか確認しつつ、書き進めることができるのですね。

現在のメインブログは 

味(み)海苔の実  minorinomi

です。

毎日更新を目指していますので、覗いていただけたら嬉しいです。



13:12  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.15 (Fri)

水戦争の世紀─映画『ブルー・ゴールド─狙われた水の真実』 

雑誌『オルタ』2009年11・12月号に掲載された記事を転載します。




ブルーゴールド

水戦争の世紀─映画『ブルー・ゴールド─狙われた水の真実』 



20世紀が石油の利権をめぐる戦争の時代だったとすれば、21世紀は「水戦争」の時代になると言われる。世間の関心は温暖化問題に集中しがちだが、今回紹介する映画『ブルー・ゴールド』は、私たちが住む地球が水戦争の時代に突入している現実を克明に描き出した、衝撃的なドキュメンタリーだ。ぜひ劇場で観てほしい。ただし、本作品に含まれる膨大な情報量については、観る側が消化できるのか一抹の不安が残る。そこで、映画の流れに沿って大まかな整理を試みた。鑑賞の一助としていただければ幸いである。



全90分の本作は4部で構成される。第1部「淡水資源危機」では、その名の通り、環境問題としての水が語られる。地球上の水の97%は海水、飲み水になり得る淡水は3%だが、飲料用に取水できる淡水の比率は0.001%と言われる。ところが淡水の源である雨水の保全に必要な森林の破壊が進んでおり、水資源の枯渇が進行している。一方、水を必要とする人口は68億を超えたと言われ、さらに今後も爆発的な増加が見込まれる。こうして水不足は加速度的に深化の一途を辿っている。



つづく「政治の策略」では、危機をチャンスにとばかりに、水不足で苦しむ人々を狙い撃ちした大手水企業が、世界各地でボトル水を売りつけていく「商品化」の実態に迫っていく。一例として、アフリカで水の販売を独占するコカ・コーラ社は、「ダサニ」というブランドのボトル水を販売している。水道水が飲めない地域で販売されるダサニ500mlは45シリングだが、同量のコーラは26シリングで、水の価格は、コーラの値段を遥かに上回る。



希少資源としての水は、確実に利益を生み出す恰好の投資対象になっており、すでに水関連の銘柄もあるという。だからなのか、国連のミレニアム開発目標(MDGs)には、水の汚染や地下水利用の抑制が含まれておらず、国連は水の商品化にお墨付きを与えており、生存権を左右する水問題に介入しようとしないのである。



第3部「水戦争」では、大手水企業の横暴に立ち上がる人々の闘いに焦点を当てる。たとえばボリビアでは、債務削減と引換えに世界銀行から水道事業の民営化を迫られ、水道料金が莫大に高騰したうえ、雨水を集めることさえ禁止された。これに対し立ち上がった民衆は粘り強い抗議行動を展開し、ボリビアで長くつづく抗争は象徴的な闘いとして語り継がれている。



このように「水戦争」とは単なる資源の争奪に留まらず、生命線(ライフライン)をめぐる壮大な覇権のせめぎ合いである。米軍は五大湖周辺に基地を構え軍事訓練を展開し、水資源の豊富な隣国カナダを牽制している。ブッシュ前大統領一家はパラグアイに400平方キロの土地を購入したというが、米軍はパラグアイでも秘密裏に作戦を展開し、一時は米軍基地が建設されたとの報道も出回った。付近には巨大ダム、隣国ブラジルにはグアラニ帯水層があり、一帯は、「水の中東」になると予測する向きもある。



水をめぐる利権争奪と囲い込みが壮大な規模で進むなか、私たちは安全な水道水に恵まれながら、日常的にボトル水を消費していたりする。第4部「進むべき道」では、水(ブルー)が大企業に所有され高騰し、金のなる木(ゴールド)に変貌する現状について、「これが世界の現実」としつつ、「だが必然ではない」と訴える。事実、水が商品化し、高騰したウルグアイでは、国民が立ち上がり、憲法改正を経て水の民営化を禁止した。ブルー・ゴールドの流れを止めるのは、それに気づいた私たちに他ならない。



※映画『ブルー・ゴールド』に関する情報を集めて、<a href="http://twitter.com/">ツイッター</a>でつぶやい ています。「#bluegold」で検索してみください。



・・・・・・・・・・・・・・・



なお、先日、ボッゾ監督にインタビューをさせていただきました。別途、インタビュー記事が掲載になりましたら、お知らせします!



映画『ブルー・ゴールド-狙われた水の真実』公式サイト



1月16日より、渋谷アップリンク、ポレポレ東中野、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか、全国順次公開。



配給:アップリンク


1/16(土)より公開!監督による初日舞台挨拶を開催します!!



1/24(日) 上映+トークショー開催!ゲスト:佐久間智子(アジア太平洋資料センター理事)×沖大幹(東京大学教授)



2/14(日) 上映+トークショー開催!ゲスト:三本裕子(A SEED JAPAN事務局長)



※公式サイトより



 



09:55  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.30 (Mon)

フォトジャーナリズムフェス@早稲田大学 DAYS JAPAN共催

早稲田大学・DAYS JAPAN共催・フォトジャーナリズム・フェスティバル
12月5日まで開催しています! (全て入場無料)



days waseda sr0092052.jpg


早稲田大学のキャンパス全体が、フェスティバルの会場です。
よって、広い・・・(笑)

室内での展示だけでなく、キャンパスの壁面を使った展示も行われていますので、
宝探し(オリエンテーリング)気分で、一流のフォトジャーナリズム作品をご覧いただくこともできます!

その際、役に立つのが以下の2アイテムです。


歩き方(効率よく展示をまわる3時間コースです。ランチ時間込み)
→PDFarukikata2.pdfをダウンロード

ガイドマップ
→PDFguidemapをダウンロード
ホームページで確認する


そのほか、フェス期間中、どんなイベントが行われているのか一目でわかるカレンダーもあります。
イベントカレンダー


すでにフェスティバルの半分は終了していますが、今日、明日も魅力的なイベントが開催されます!


11月29日(日)14時~16時30分
石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞 記念トークセッション
一枚の写真が社会を変える-フォトジャーナリズムの現在-

@早稲田大学小野記念講堂(早稲田キャンパス27号館、小野梓記念館地下2階)
詳細サイト
 佐藤賢二郎 (報道カメラマン、毎日新聞外信部)
 田沼 武能 (写真家、日本写真家協会会長、早稲田ジャーナリズム大賞選考委員)
 広河 隆一 (DAYS JAPAN 編集長、第2回早稲田ジャーナリズム大賞受賞者)
 古居みずえ (フォトジャーナリスト、アジアプレス・インターナショナル、第6回早稲田ジャーナリズム大賞受賞者)
   <司会> 熊切 圭介 (写真家、日本写真家協会副会長)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月30日(月)15時~19時
戦争報道にかけた人々
-テレビドキュメンタリーを通して見たフォトジャーナストたちの実像

@早稲田大学 27号館地下2階 小野記念講堂
詳細サイト
【パネリスト】
七澤潔(NHK放送文化研究所主任研究員、上記番組のディレクター)
豊田直巳(フォトジャーナリスト)
野中章弘(アジアプレスインターナショナル代表、早稲田大学ジャーナリズム教育研究所客員研究員)
コメンテーター:
広河隆一(DAYS JAPAN編集長)
司会:花田達朗(早稲田大学教育・総合科学学術院教授、早稲田大学ジャーナリズム教育研究所所長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月1日(火) 17時~18時
対談「地球環境は今」竹村真一×広河隆一(小野記念講堂)

  16時30分      受付、開場(小野記念講堂)
  17時~18時    対談「地球環境は今」(小野記念講堂)
              竹村真一(京都造形芸術大学教授、触れる地球開発者)
              広河隆一(DAYS JAPAN編集長)
  18時~18時30分 デモンストレーション「触れる地球」(ワセダギャラリー) ※希望者のみ
詳細サイト


tangible_earth2.jpg


ボランティアの声
@suzumeryo 「触れる地球」は2つあって、ひとつが「DAYS地球」。全部観ると1時間。もうひとつが「エコ地球」。約10分。過酷な現実と、リアルな希望が見事に「触れる」ことで表現されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~12月19日(土)まで 10:00~18:00(日曜休館日)
写真展示「広河隆一・人間の戦場 40年」
 40年以上現場を追い続けている広河隆一の「一瞬をとらえた写真」が伝える被写体の声。
@早稲田大学 26号館(大隈記念タワー)10階 125記念展示室

詳細サイト


sr0092065.jpg


DAYS JAPANによるフェスティバル公式サイト
早稲田大学によるフェスティバル公式サイト

フランス・バイユーからお借りしている写真を身近でみることもできます!
ぜひお立ち寄りください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお、twitter(ツイッター)で #daysjapan で検索していただくと、参加者の感想、イベントの告知などが一覧できます。
#daysjapan

私もツイッターをやってます。follow me!
00:09  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.19 (Thu)

スピン・ファーミング ~都会で有機農業を~

 「都会で農業」と聞けば、まず思いう浮かぶのが、自治体が提供している市民菜園ではないでしょうか。
 2008年、渋谷区に誕生した区民農園は、土地総額が68億円ともいわれる高級農業地。利用料は月1000円で、一区画・約8平方メートルとのこと。しかし、一般向けの競争率は13.5倍だったというから、驚きです。
 他の区はどうなのかと思い、江東区の城東区民農園の抽選倍率を見てみたら、9.59倍でした。どうやら都会で農業をやるには、まずはくじ運がよいことが求められるのかもしれません。

 そんななか、先日まで日本で講演活動をされていたカナダの若手環境活動家メラニー・マレンさから、「スピンファーミング」(spin farming)という、新しい都会の農業の方法について教えてもらいました。

melanie mullen.JPG

写真は、11月13日に国立オリンピックセンターで講演中のメラニーさん


 「スピン・ファーミング」のSはスモール(small)、Pはプロット(plot)、INはインテンシブ(intensive)を意味していて、比較的小規模な土地で行う農業のことを指すらしいです。
 こう説明すると、区民農園と変わらないと思われがちですが、スピンファーミングの特徴は、農地を提供するのは行政ではなく、個人だという点。しかも、個人宅の庭先を借りて農業をするのそうです。

 カナダの住宅の多くは、玄関前と、家の裏に庭がついているタイプが多いそうですが、庭の手入れがままならない人も少なくない。そこで、「スピンファーマー」と呼ばれる人たちに、自分の家の庭を寄付し、オーガニック農業をそこで行ってもらう。
 スピンファーマーは、こうした庭をいくつか集め、オーガニック野菜を栽培し、ファーマーズマーケットなどで販売するそうです。

 メラニーさんが話してくれたスピンファーマーの男性は、数件の庭を自転車で回り、野菜を育て、これだけで生計を立てているとのこと。

 庭先を提供するオーナーにとっては、定期的にオーガニック野菜がもらえるだけでなく、荒れ放題だった庭が、美しい“プチ”農園になるとあって、スピンファーミングは双方にとって、メリットがあるようです。
 
 ちなみに東京23区で市民菜園を設けているのは11区のみ。市民菜園に応募するという時点で、対象にならない人がいる現実。まずは小さくスピンファーミングを始めるほうが、高い競争率を勝ち抜くより、確実に都会で農業を行う一歩であることは間違いないようです。
 (あ、その前にベランダ菜園のほうが手軽ですね!)

別のブログでランキングに参加しています!
http://yummyseaweed.seesaa.net/

ツイッターも
15:24  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT